ガラス塗料はナノクリアス

液体ガラス塗料「ナノクリアス」、Q&A

ガラス塗料「ナノクリアス」 Q&A その1

 

 

Q, はじめまして、今ナノクリアスの購入を検討しているのですが

 

もし塗って失敗してしまったときに、どのようにしたら落とすことが

 

できますか?専用の剥離剤みたいな物があるのですか?

 

後タイプE,S,Hの違いはなんですか?おすすめとかあるのですか?

 

ご回答のほどよろしくお願いします。

 

 

A,お問い合わせ、有難うございます。

 

1、もし塗って失敗してしまったとき

 

 塗って失敗してしまった場合は研磨して落とす事になります。

 

 ナノクリアスはガラスのコーティングで、規定の塗布で4ミクロン

 

 程度の厚みの塗膜になります。失敗した場合は紙やすり等で

 

 塗膜を削り落として下さい。

 

2、専用の剥離剤みたいな物があるのですか?

 

 専用の剥離剤などはありません。

 

 硬化してしまうとシンナーでも溶けません、但し、ガラスです

 

 ので、ハイターやカビキラーなどの強アルカリの薬剤には溶

 

 ける事がありますが、しかし失敗のやり直しに使うにはリスク

 

 が伴いますので、お勧め出来ません。研磨をお勧めします。

 

3、E,S,Hの違いはなんですか?

 

 ガラス成分の濃度になります。

 

 H・・・高耐久タイプ ガラス成分の濃度が1番高い。

 

    残留するガラス成分が多いので耐久性に優れています。

 

    濃度が高い分粘度が上がるので少し塗りにくくなります。

 

    重歩行の床などに使用します。

 

 

S・・・標準タイプ 高耐久よりガラス成分が少なくなっています。

 

   住宅のフローリングや家具などに使用します。

 

 

E・・・簡易タイプ ガラス成分が標準より少なく調整してあります。

 

   ガラス成分が少ない分サラサラで塗りやすくなっています。

 

   簡易タイプを2回塗ると高耐久より強い塗膜が得られます。

 

   高級手造り家具のお店では、リボスオイルで仕上げた後

 

   仕上げに簡易タイプを2〜3回塗って仕上げたりしています。

 

   樹種により仕上げ回数を変えたり、複数回塗り重ねながら

 

   お好みの仕上がりに持っていきます。

 

----------------------------------------------------------------

 

Q, ナノクリアスの1リットルでの施工面積などはどの程度でしょうか?

 

 また、施工方法は難しくないでしょうか?

 

 なにか、施工方法などの情報がありましたら、いただけると幸いです。

 

 フローリングの一部に使えないか検討中です。

 

 よろしくお願いします。

 

A, お問い合わせ、有難うございます。

 

ナノクリアスの施工面積については、1リットルで30u〜60uとかなり巾があります。

 

 

考えられる理由は、

 

第一に、これは比重の低い樹種(キリ、ヒノキ)は材料の吸い込みが激しく、

 

比重の高い樹種(パインやカリン)では吸い込みが半分以下になったりするからです。

 

第二に、基材の樹種及び仕上げの状況により吸い込みが大きく変わります。

 

無垢のフローリングに直接塗布しますと3回ほど塗りたくなります。

 

(1回目はほとんど吸い込まれてしまいます。)

 

 リボスなどのオイル仕上げの上でしたら1回でもかなり表面に残り

 

風合いはオイル仕上げの状態とほとんど代わらない仕上がりになります。

 

(オイル仕上げの手作り家具屋さんに喜ばれています。)

 

 水性ウレタン仕上げの上でしたらウレタンの状態が良ければ

 

1回でしっかり造膜します。但しワックスが塗布されている場合は、

 

剥離もしくは研磨が必要です。

 

実際に塗った例・・・、ウレタン仕上げの小学校の教室にナノクリアスを塗った時は

 

1リットルで1教室を1回全面塗布出来ました。(4k×5k=20坪 66u程度)

 

2回目の塗布は更に延び、1リットルでおつりが来ました。

 

 無垢の風合いを残したい場合は無垢材にロハスコートを1回

 

もしくは2回塗布した上にナノクリアスを1回〜2回塗る仕様がいいと

 

思います。(ロハスコートは水性塗料ですが、シーラーの代用として

 

使用しています、18色あるので、着色としても使用出来て、相性もいいです)

 

封止効果があり、基材に含まれる有害化学物質を押さえ込んでくれます。

 

 施工方法はナノクリアスをノズルの付いた容器に入れて少量(1u分20〜30cc)

 

撒いては、薄く薄く塗り延ばす方法で塗布するだけで、誰でも簡単に塗布出来

 

ます。塗った後は半日(出来れば1日)放置しておいてください。

 

(空気中の湿気と反応して硬化して行きます、基材に浸み込んだ分は

 

  基材の湿気と反応してゆっくり硬化します。)

 

塗り道具もいろいろ試して、力の入るいいモップが見つかりましたので、

 

ご入用でしたらお問い合わせ下さい。

 

フローリングに御使用なられるのであれば、標準タイプか高耐久タイプをお勧め

 

致します。年末に新築のお宅のフローリングを2件塗りましたが、標準タイプを使用

 

しました。

 

----------------------------------------------------------------

 

Q,  ガラスコーティングについても、興味はありましたので、

 

DIYでできるのであれば、やってみたいと思います。 

 

誰でも簡単に出来ますか?

 

 

A, ナノクリアスについて

 

1液常温硬化型コート剤の登場で、誰でも簡単にガラスコート

 

が可能になりました。

 

今までのガラスコートは、塗布した後に加熱やUVの照射と言った

 

作業が必要でしたが、ナノクリアスは塗布した後溶剤のアルコールが

 

揮発して、その後空気中の湿気と反応して硬化して行きますので、

 

薄く塗って、1日置いておいて頂ければ出来上がりです。

 

細かい注意事項はお買い上げの際に、MSDS,取り扱いの注意書き

 

塗装仕様書などをお送り致しますので、御確認頂けます。

 

Q、UVカットタイプと普通のタイプの違いは?

 

A,使用している原材料は同じですが、UVカット剤が入っているので材料が

 

 少し黄色くなっています。
-------------------------------------------------------------

 

Q、モップについて

 

 ナノクリアスについても、最適なモップなどがあれば、

 

教えていただければ幸いです。

 

A,塗布用のモップはしっかりした製品でないとナノクリアスは塗布

 

出来ません。(私もだいぶ失敗しました。)

 

薄く塗るのは力も入ります、ハードな使用に耐える製品でないと

 

安物買いになってしまいますし、更にまとまった面積になりますと

 

施工性の良さを考えないと大変です。

 

 お勧めのモップはオリンピックやNBAの公認フロア製品メーカー

 

スウェーデンのBONA社のメンテナンス製品をお勧めしています。

 

モップは下記のサイトの製品で、マイクロファイバーのパッドは塗装前

 

の清掃、塗装後の日々のメンテナンス用としてもGOODです。繰り返し

 

の洗浄にも耐える優れものです。

 

ナノクリアス塗布用モップ
ナノクリアス塗布用モップ2

 

当社でも取り扱いを始めましたので、お問い合わせ下さい。

 

塗布用のアプリケーターパッドはモップのパッド装着のマジックテープで

 

付け替えるだけで使用出来ます。

 

洗浄はシンナーでも可能です、アルコールよりかなり安いので

 

良いのですが、臭いがきつく手も荒れますので、専用の手袋が

 

必要になります。

 

----------------------------------------------------------------

 

Q モップですが、コーティング前の埃などを取るのに使えるのでしょうか?

 

A,バッチリ使えます。クリーナーパッド(ブルーのパッド)はマイクロファイバーのAA級品で

 

 静電気を発生させてホコリを吸い付ける優れもので、洗濯機で300回洗濯出来ます。

 

 塗装前の掃除の最後にこのパッドで掃除すると仕上がりが良くなります。

 

----------------------------------------------------------------

 

 

Q, ガラスコーティングは、窓枠部分に適用できないかなと思っているのですが、

 

横方向の枠とか上の枠などにコーティングするのは簡単でしょうか?

 

 やはり、床など平らな面へのコーティングが一番いいのでしょうか?

 

 また、お勧めのモップは、良さそうですので、

 

これも購入したいと思います。

 

 ガラスとウレタンで分けられるように、アプリケーターパッドも複数購入

 

したいと思います。

 

また、このシリーズでハンディタイプはありませんか?

 

 あれば、角の部分などのコーティングや、狭い箇所のコーティングで

 

使用したいので、ハンディタイプのものもあれば、紹介していただければ幸いです。

 

A, ナノクリアスの塗布につきまして、横方向の枠とか上の枠などに

 

コーティングは特に難しくありません、薄く塗り延ばすだけなので道具

 

に材料を付け過ぎない様に注意して頂ければ、大丈夫です。

 

狭いところや端部の塗り道具は、100円ショップのメラミン樹脂、

 

塗装用コテ刷毛、カーワックスを塗るのに使用するウレタンホームに薄い

 

スポンジが付いた物などが使って良かったです。使い捨てならメラミン樹脂、

 

一番薄く塗れるのはワックス用の道具、作業効率を優先するならコテ刷毛と

 

言った感じです。ボナの製品ではハンディタイプは無かったと記憶しています。

 

細かいところはメラミン樹脂を使い易い大きさにカットして使用するのが良いと

 

思います。

 

----------------------------------------------------------------

 

Q,  ガラスコーティングについては、知人にかなり研究した人がいて、

 

その成分などが明確でない溶剤が多いとのことでした。

 

 結局は、業者などを信じる信じないという話しになってしまって、

 

その確認方法がほとんど無いのが現状とのことでした。

 

ナノクリアスについては、溶剤の成分などの情報などはありますか?

 

 有りましたら、教えていただけると幸いです。

 

 よろしくお願いします。

 

A,成分につきましてはMSDS等がございます、詳細に書かれて

 

 おりますので御確認頂けると思います。(全9ページ)

 

お買い上げ頂きましたお客様にはMSDS,、使用上の注意などを

 

お送りしていますので、御確認頂けると思います。

 

----------------------------------------------------------------

 

Qナノクリアスの滑り易さはどうですか?

 

A,ナノクリアスの滑り抵抗値のテストの結果からお話致します。

 

 一番滑りにくいのは、ツヤありタイプで普通のウレタン塗料の

 

 3〜4割増しで滑りにくくなっています。階段や小さなお子様

 

 ペットのいらっしゃる御宅ではツヤ有りをお勧め致します。

 

 半ツヤタイプは、ウレタン塗料と同じ位の滑り抵抗値になります。

 

 つや消しは、ウレタンより滑り易くなりますので、床にはあまり

 

 お勧めしません。

 

----------------------------------------------------------------

 

Q,塗装前の足付けサンディングについて教えて下さい。

 

 

A, 床の足付けについて。

 

まず全体に掃除機をかけ、次に水で40倍程度に薄めた中性洗剤で塗る面の

 

汚れをきれいに拭き取ります。

 

ウレタンの食いつきを良くするために、あて木をした

 

サンドペーパー(240〜280番)で全体を白い粉が出る程度に軽く研いでください。

 

工具と言いますとオービタルサンダーという電動工具が有りますが、気をつけないと

 

研磨し過ぎになる事が有ります。

 

終わったら掃除機で研ぎカスを取り、雑巾で水拭きし、よく乾かしましょう。

 

※湿り気が残ったまま塗ると、塗膜が白く濁りますので注意 して下さい。

 

そのままコーティングに入る場合は、クリーナーパッドで掃除の仕上げをして下さい。

 

----------------------------------------------------------------
Q、面積に対して、予め分量を量ってから塗った方がいいのでしょうか?

 

A,添付写真の、理科の実験に使用するようなノズルの付いたボトル

 

  などでu20ccを目安に撒いてからBONAのモップで吹き上げると

 

  広い面積ではやりやすいと思います。目盛が有れば、100円ショップで売っている

 

  ボトルでも十分使えます。

 

ナノクリアス塗布用ボトル

 

---------------------------------------------------------------
ナノクリアスの購入を検討しているのですが
はじめて買う商品ということもあり
簡易タイプと標準タイプ、高耐久タイプは
具体的に性能はどのように違い
塗布するのにも違いがあるのか
教えていただけますと幸いです。

 

お問い合わせ、ありがとうございます。

 

ナノクリアスの簡易タイプと標準タイプ、高耐久タイプの差は

 

溶剤であるアルコールの量の差によります。無機のガラス成分

 

と少量の樹脂の混合物をアルコールで割っていると考えて下さい。

 

簡易はアルコールが多いのでさらさらしているイメージです。

 

塗りやすく厚塗による失敗が少ないです。

 

逆に高耐久はアルコールが少なめでガラス成分が多いので少し

 

ねっとりした感じになりますので塗布の際には厚くなりやすい

 

ので注意が必要です。

 

標準は簡易と高耐久の中間とお考え下さい。

 

イメージとしては高耐久を100とすると標準が80%、簡易が

 

60%の感じです。高耐久1回より簡易2回の方が強度が上に

 

なる感じです。

 

お試しになるのであれば、標準をお試しになって仕上がりや

 

使い勝手をご確認され、タイプをお選びになるのがよろしい

 

かと思います。販売しておりますサンプルは1本でも3本でも

 

送料は変わりませんのでご予算が許すのであれば3種類お試し

 

になるのもよろしいかと思います。

 

注意事項としましては、薄く塗る事が大切です、厚く塗って

 

しまいますと割れが走ったり刷毛筋が残ったりします。あと

 

湿気と反応して硬化しますので、瓶を開けて必要量を出しまし

 

たら瓶の口をウエスで拭き取りしっかりと蓋をして下さい。

 

注ぎ口に残ったナノクリアスがお部屋の湿気と反応して硬化

 

しますと密閉が悪くなり残りを次回使用する際にゲル化して

 

使用出来ない場合が有りますのでご注意ください。

 

よろしくお願い致します。

 

---------------------------------------------------------------

 

質問ですが、
・グレードが3種類ありましたが、木材に塗布後(下地)

 

色目の変化はグレードで違うことがありますか?

 

・下地に使用した場合、中塗りにサンディングシーラー

 

や上塗りにウレタン塗装との密着性はあるでしょうか?

 

 色々と質問してすいませんがよろしくお願いいたします。

 

A,
お世話になります。

 

お問い合わせについて

 

・グレードが3種類ありましたが、木材に塗布後(下地)色目の

 

変化はグレードで違うことがありますか?

 

グレードによる色目の変化につきましてはこれを確認するための

 

テストを特に行っていない為に正確なお返事は出来ませんが、

 

基本的に違いは無いように思われます。

 

日焼けによる色目の変化も塗膜が主に無機のガラスなので

 

違いは無いと思います。

 

日焼け対策につきましてはUVカット剤入りの製品もございますが、

 

UVカット剤がオロナミンCの様な

 

色なので白木に塗ると黄色っぽく仕上がります。茶色系の着色の

 

上に使用する場合は気になりませんが、仕上げに使用する場合は

 

注意が必要です。

 

・下地に使用した場合、中塗りにサンディングシーラーや上塗りに

 

ウレタン塗装との密着性はあるでしょうか?

 

ナノクリアスは下地でなく仕上げに使用される事をお勧め致します。

 

木材保護塗料やシーラー、ウレタン、オイル仕上げの上に仕上げ

 

材として使用の実績はございますが、

 

下地材として使用していないのでこの点につきましては正確なお

 

答えが出来ません。

 

ウレタンの場合、その製品との相性が有りますのでテストをして

 

ご確認の上ご使用ください。

 

輸入のウレタン塗料で相性の良くないものがあり、白濁したことがございます。

 

また、最近流行のメンテナンスフリーの床材との相性は良く有りません。

 

塩ビ系、プラスチック系との相性はあまり良くないように思われます。

 

オイルはリボスの上に仕上げ材として使用の実績が有ります、

 

相性は良いようです。

 

漆との相性は良い様で、ナノクリアスを塗ることで食洗機に

 

かけられるようになったと喜ばれております。

 

ご使用の際は必ずテストをしてご使用ください。

 

よろしくお願い致します。

 

-------------------------------------------------------

 

ナノクリアスの「使用上安全上の注意」に「本製品は食器や医療機器等、

 

人体に入る恐れのある商品やb部品には使用しないで下さい。」と書かれて

 

おります。これは使用方法が確実に守られるか否かが確実でない為にメーカー

 

が不慮の事故に備えて予防線を張っていると見ています。

 

実際にナノクリアスを食器の仕上げに使用して試験場に持ち込み食品衛生法

 

のテストを行い全国販売している商品もございます。そこであくまでも使用に

 

関しては自己責任と言うことでこれからの回答を受け取って下さい。

 

@耐水性について

 

A、耐水性はございますが、完全防水ではありません。

 

 基材の呼吸を止めない性質を持たせるために基材表面を完全にコートする事は

 

 出来ません、更に木材を硬いガラスで完全にコートすると木材の動きに追従

 

 し切れずに割れが入り最終的には塗装がボロボロになって落ちてしまいます。

 

 長時間液体を入れて置くと少しづつですが浸透します。

 

A耐熱性について

 

 耐熱のデータはJIS-K-5600-6-3 耐加熱性準拠 の試験で異常なしとなっております。

 

 条件 80℃×200時間、評価:K5600塗膜劣化の評価、測色

 

 90℃についての個別のデータは手元にございません。

 

B艶消しでも食品衛生法をクリアしているか?

 

 クリアしております。

 

C艶消しでも木目がはっきりと見えるか否かについて

 

 見えるか否かについては主観的な部分が大きくお答え致しかねます、

 

 サンプル等で各種の木材をお試し頂きご判断頂きたいと思います。

 

Dナノクリアス塗装後の香りについて。

 

 呼吸を止めない程度の緻密さを持った塗膜ですので酸素や水蒸気の分子より小さな分子構造の

 

 成分でしたら香りがしますし、大きな分子構造の物質は塗膜に遮られ出る事が出来ないので

 

 香りもしないと思われます。

 

 

E木固め剤の香りについてもD同様その成分の元となる分子構造に因るのでテストして下さい。

 

Fナノクリアスの溶剤はアルコール系の溶剤になりますがエタノールではありません。
 3-メトキシー3-メチル-1-プタノール(CASNo.56539-66-3)となっております。

 

 ナノクリアスは、プロパノール、プタノール、酢触エチル、酢酸ブチル、エタノール等で希釈出来ます。

 

G乾燥後の臭気について

 

 ナノクリアスは乾燥後無臭となります。

 

以上です。

 

ネットショップにてサンプルを販売しておりますので、お試しの上ご判断下さい。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 木工をやっている者ですが、テーブルや椅子などの家具、またはお椀や皿などの食器に貴社のガラスコート仕上げを使えたらと思います。

 

つや消しで自然な仕上がりが希望ですが、もっとも適したものを教えていただけたら幸いです。(使う樹種は欅が主です)

 

現在は皿などには木固め剤(寿化工)を使用していますが、なにせ溶剤の匂いがすごく、難儀しております。

 

 よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ、ありがとうございます。

 

お問い合わせの使用方法につきまして実績がございます。

 

家具につきましては福岡の家具産地、大川市で数多くの家具に使用されております。

 

食器につきましては漆塗の食器にナノクリアスを塗り既に全国販売しております。

 

漆塗りの食器はそのままでは食洗機にかけられませんが、ナノクリアスを塗る事で

 

食洗機の使用に耐えられるようにしています。このメーカーは自社製品を試験場に

 

持ち込み安全性の確認をした上で販売しております。

 

 艶消しの自然な仕上がりをご希望との事ですので、半艶もしくは艶消しが宜しいと

 

思います。艶有でも無垢の木材に塗った場合でも1回目では艶が出ません。二回目

 

以降塗り重ねるにつれて艶が出て来ます。60ccのサンプルを販売しておりますので、

 

いろいろとお試し頂きご希望の仕上がりになるタイプをご確認下さい。

 

 ガラス成分の量で高耐久、標準、簡易の3タイプがございます。先ず標準タイプで

 

お試し頂き、塗り易さや仕上がりをご確認下さい。

 

 ナノクリアスの溶剤はアルコールを使用しております、アルコールが飛んだ後

 

空気中の湿気と反応して硬化致します。乾燥後は溶剤の臭いは気にならないと思い

 

ますが、こちらも合わせてご確認頂きご納得頂けましたらご使用下さい。

 

よろしくお願い致します。

 

ヒノキの弁当箱や箸入れ、器を、ヒノキの風合い、色合いなどを変えずに塗ることが出来ますか?
また、オイルステインなどで着色したケヤキやタモなどに塗ることも出来ますか?
収縮の大きい樹種に塗って長くおいた場合クラックなど出ませんか?
保存状態にもよると思いますが、保存期限はどれ位ですか

 

お世話になります。

 

お問い合わせ、ありがとうございます。

 

ナノクリアスの塗膜は規定の塗布で4ミクロンと非常に薄い仕上がり

 

なので木のぬくもりを阻害しないと思います。色合いにつきましては

 

ツヤ有、半艶 艶消し で少し表情が変わります。塗り回数でも差が

 

出ます、艶消し剤は撹拌しないと瓶の底に堆積しますので、先ずは

 

艶消しか半艶を撹拌せずに使うとツヤ有になるので試して頂き、

 

その後で十分に撹拌して艶消し剤が混ざった形で塗布して

 

頂き、仕上がりを比較してお好みのタイプを決定して下さい。

 

 

オイル仕上げの上への塗布ですが、リボスにつきましてはそのまま

 

上に塗布出来ると聞いております。

 

 

クラックの件ですが、通常4ミクロンの塗膜でクラックが目視で確認

 

は出来ないと思います。厚塗りをしてしまうと細かいクラックが走る

 

事が有りますので、薄く塗り重ねて施工して下さい。

 

 

保存期間は溶剤がアルコールなので簡単に傷むことは有りませんが、

 

密閉が不十分ですと空気中の湿気と反応してゲル化するので注意が必要です。

 

容器からナノクリアスを出す際に注ぎ口を綺麗なウエスで拭き取ってその都度

 

栓をして頂ければ1年程は問題なく持つと思います。長期に渡って使用しない

 

場合は冷暗所、冷蔵庫などに保管して下さい。

 

よろしくお願い致します。